口唇裂傷

口唇裂傷

お口の中には歯があるため、転んで下顔面を受傷すると、歯で唇を切ってしまうことがあります。

唇や顔面の皮膚が切れて穴が開いている場合は、唇や皮膚を縫い合わせます。
歯や歯槽骨が動いているときは、動いている歯や骨を整復したあと、前後の歯とワイヤーと接着剤で固定します。

歯が動いたり抜けてしまっても、歯を整復固定すると、もう一度くっついて抜かずに済むこともあります。希望を捨てないでください。

もしも歯が抜けてしまったときは、きれいに洗ったりせず、よごれたままでいいので、(塩を少し入れた)水に入れて持って来てください。自分で洗ってしまうと、歯根膜がとれてしまい、骨と付かなくなるので、そのまま乾燥させなようにして、すぐに持って来てください。
やむおえず抜けた歯を指でつまむときは、根のほうを持たずに、歯冠をつまんでください。歯根膜にダメージを与えないためです。
早めに固定をすれば、抜けてしまったあなたの歯も助けることができるかもしれません。

症例1

転倒して受傷、上口唇が切れていて、歯がうごいていた。

上口唇を縫合糸、歯をワイヤーと接着剤で固定した。

症例2

階段から落下して受傷、下口唇とオトガイの皮膚に裂傷を認め、前歯は動いていた

下口唇とオトガイの皮膚を縫合糸、歯をワイヤーと接着剤で固定した。

症例3

転倒して受傷、歯で下唇を噛み切っていた。

下口唇の傷を縫合した。

今すぐ予約してください。 24時間WEB予約が可能です。

PAGE TOP