歯の移植

歯の移植

歯の欠損部位に、抜歯した別の部位の歯を移植することを歯牙移植と言います。歯牙移植の長所は、歯根膜という顎の骨と歯をつなぐ組織も一緒に移植できることです。歯根膜(組織)の獲得により、歯の周囲へ栄養供給ができ、正しい噛み心地が得られます。

左下第2大臼歯はむし歯のため保存不能。その後ろに第3大臼歯(智歯)の歯冠が一部見えている。

歯肉を剥離し、智歯を確認した。

歯の移植のため、意図的に智歯を抜歯した。

智歯を抜歯した第2大臼歯の部位に移植し、第一大臼歯と連結固定。縫合して手術を終了した。
智歯を左下第2大臼歯のある部位へ移植した図

今すぐ予約してください。 24時間WEB予約が可能です。

PAGE TOP