インプラント手術の麻酔

インプラント手術は、歯を削る時などに使用する一般的な歯科局所麻酔薬と同じ麻酔薬を使用し、局所麻酔下にて行われます。手術を受ける患者さまは歯を失っているのですから、ほとんどの方は過去に局所麻酔下で歯科治療を受けたことがあるでしょう。麻酔に関しては目新しいことはありませんのでご安心ください。

かねこ歯科インプラントクリニックの麻酔

かねこ歯科インプラントクリニックでは、歯科局所麻酔を丁寧に行っています。なるべく痛くない治療を行うために、電動注射器と31G極細の麻酔針を使用し少量ずつ麻酔薬を投与しています。

また、手術に大きな不安がある方や、手術侵襲の大きいオール・オン・フォーや、サイナスリフト、各種骨造成などを行う場合には、よりリラックスした状態で受けられる静脈内鎮静法を併用します。

静脈内鎮静法とは

局所麻酔下のインプラント手術に、静脈内鎮静法を併用すると、手術中の意識が薄れ痛みや恐れを感じなくなり、心身に与えるストレスを減少させることができます。また、鎮静・睡眠作用により手術中の記憶はほとんどなくなることもあります。静脈内鎮静法により、リラックスした状態で快適に手術を受けていただけるでしょう。

通常の医院では、静脈内鎮静法を行う際には外部から歯科麻酔医の応援を頼む場合が多いようですが、かねこ歯科インプラントクリニックの院長は医学部麻酔科での麻酔医経験があるため、静脈内鎮静法を行うことができます。インプラントの埋入と静脈内鎮静法の両方を行えますので、外部から歯科麻酔医を呼ぶ必要がありません。外部の歯科麻酔医の日程に合わせて手術日を決めたり、歯科麻酔医に特別な費用を支払ったりしなくて済みます。

安全なインプラント手術のために

インプラント手術中の安全対策を万全にするため、かねこ歯科インプラントクリニックでは以下の処置などを行っています。

【生体情報モニター】

かねこ歯科インプラントクリニックでは、インプラントなどの口腔外科手術の際には生体情報モニターを使用し、脈拍・血圧・心電図・呼吸などの全身状態を厳重に監視しています。生体情報モニターにデータを映し出すことにより、全身状態をリアルタイムで把握しながらインプラント手術を行うことができます。体調の変化が起きた場合でも、迅速な対応が可能です。この生体情報モニターはインプラント手術に不可欠なものですが、通常の歯科医院にはない設備です。

【静脈路の確保】
かねこ歯科インプラントクリニックでは、ほとんどの症例で静脈路を確保してインプラント手術を行っています。これにより、体調の変化が起きた場合にすぐに必要な薬剤を静脈点滴できます。また、手術中の緊張や不安、疼痛が強く、心身にストレスをもたらす場合などには、静脈路より抗不安薬や鎮痛剤を投与します。静脈路の確保は、インプラントの手術環境を整える上で必要と考えられますが、通常の歯科医院では行われていないのが現状です。

【酸素吸入】
かねこ歯科インプラントクリニックでは、酸素ボンベを常備しており、術中は経鼻より酸素吸入を行っております。

インプラント手術後の送迎サービス

静脈内鎮静法を行った場合、手術終了後しばらく休憩をとっていただき、その日のうちに帰宅していただけます。安全のためお車の運転はお控えいただいています。

インプラント手術の際に静脈内鎮静法を行った患者さまには、タクシーまたは代行業者を利用して安全にご自宅までお送りしています。もちろん、費用はかねこ歯科インプラントクリニックの負担ですので心配ありません。

今すぐ予約してください。 24時間WEB予約が可能です。

PAGE TOP