まるで天然歯のような噛み心地・見た目~インプラント~

インプラントとは、歯の欠損部にチタン製の人工歯根を植立し、その上に人工歯冠を装着する治療法です。この治療法により隣りの歯にダメージを与えることなく、天然歯と同様の見た目と噛む機能を得られます。

  • *クラウン(人工の歯冠)…歯の部分です。
  • *アバットメント…フィクスチャーの上に設置する軸の部分です。
  • *フィクスチャー…形成した穴に埋入する人工歯根です。

かねこ歯科インプラントクリニックのインプラント治療

かねこ歯科インプラントクリニックでは、骨造成や傾斜インプラントの技術を持つため、他院でインプラント不可能とされた症例でも手術を可能にさせます。また、通常3~6ヶ月かかる治療期間を大幅に短縮し、「Teeth-in-an-hour~1時間足らずで新しい歯をあなたに~」をコンセプトとした即時荷重インプラントも施行しています。なお、使用しているインプラント体や各種パーツにもこだわりがあり、業界トップ3社の欧米ブランド・インプラント、アバットメントや人工歯冠は、患者さま個々にカスタマイズされた生体親和性の高い製品を使用しております。

インプラントのメリット

1.自分の歯と同じように食べることができます

インプラントは入れ歯と違って、歯にしっかり固定されますので、硬い食べ物もしっかりと噛むことができます。食事をおいしく食べることができ、食べる楽しみを取り戻すことができます。入れ歯のように、食べ物が入れ歯の下に入り込んで痛い思いをすることもありません。旅行のときに、入れ歯を外したお顔をお友達に見られる心配もありません。

2.人前で笑ったり、話したりしても気になりません

入れ歯の場合だと、金属のバネが目立つので見た目が気になることも多いのですが、インプラントは金属が見えないので気になりません。セラミック製の人工歯を使用するため見た目が自然です。

3.天然歯に負担がかかりません

入れ歯の場合だと、金属のバネをかける健康な歯に負担がかかります。ブリッジの場合でも、健康な隣の歯を削る必要があります。バネをかけたり歯を削ったりすると、歯の寿命は短くなり、最終的には負荷がかかった歯や削られた歯も抜けてしまいます。

インプラントは、基本的に歯を失った部分にのみ治療をする方法ですので、周りの健康な歯に負担がかかることはありません。隣の歯の負担を軽減するため、残った歯の寿命を保つことができます。

4.骨が痩せません

歯を失ってしまうと、その部分の骨は痩せていってしまいます。ブリッジの場合でも、かぶせた歯の下の骨は痩せてしまい、次第に食べ物が詰まったり、舌触りが悪くなったりしてしまいます。インプラントは、顎の骨に埋入するので、噛む力をしっかりと骨に伝えてくれます。そのため、骨が痩せることはありません。

インプラント治療の流れ

インプラント治療には、通常荷重プロトコルと即時荷重プロトコルの二通りの方法があります。骨の条件がよい場合はその日にクラウンまでとりつける即時荷重プロトコルを、骨の条件がよくない場合は、通常荷重プロトコルを選択します。

  • 通常荷重プロトコル
  • 即時荷重プロトコル
通常荷重プロトコル

通常荷重プロトコルは従来からあるインプラント治療です。インプラント埋入手術後、治癒期間2~4ヶ月の治療期間をおいて人工歯冠を装着します。

1.診断と治療計画
インプラント埋入部分の骨の状態をレントゲンで確認。型採りを行い治療計画を立てます。

2.骨造成(必要な場合のみ行います)
骨が足りなくてインプラントが埋め込めない場合は、骨を造成します。

3.一次手術
顎にインプラントを埋め込みます。

4.治癒期間
インプラントと骨との結合(オッセオインテグレーション)のため、2~6ヶ月の治癒期間を置きます。時間を置くことで、インプラントと骨が確実に結合します。

5.二次手術
歯肉を切開して人工歯を取り付ける準備をします。この状態で、数週間おきます。

6.人工の歯を製作、装着
歯肉が治った時点で、型採りを行い、上部構造を取り付けます。上部構造は、形や色を患者さまに合わせて作製し、インプラントに取り付けます。

即時荷重プロトコル

即時荷重(イミーディエイト・ローディング)プロトコルとは、インプラントを埋入手術の直後に仮歯まで装着し、手術当日に美しい見た目とある程度の噛む機能を回復できるすばらしい治療です。 難易度の高いインプラント治療のため、歯科医師には手術能力が求められます。患者さんの骨が良好な状態で、チタン粗造表面のインプラントを使用し、埋入トルク値35-70Ncmを得た場合に、即時荷重が可能になります。

特に、歯をすべて失った場合に4本のインプラントを埋入し、即日にすべての歯を回復する「オール・オン・フォー」は、代表的な即時荷重インプラント治療です。

  • 即時荷重インプラント
  • オール・オン・フォー

インプラント、ブリッジ、入れ歯の比較

  インプラント ブリッジ 入れ歯
治療方法
よい点
  • 天然歯のように顎の骨に固定するので、違和感がなく噛むことができます。
  • 噛む力は天然歯の約80%回復することができるので、硬いものを噛むことができるようになります。
  • 隣の歯を削る必要がありません。
  • 見た目が天然歯に近いです。
  • 良く噛めることは全身的な健康にも良い影響を与えます。
  • 固定式であるため装着しても違和感があまりありません。
  • 人工の歯の材料を選択することにより天然の歯と遜色のない審美的な修復が可能です。
  • ブリッジでは適応できない大きな欠損に有効です。
  • ブリッジのように健全な歯を削らずに補えます(削る替わりにバネで固定する場合もあります)。
注意点
  • インプラントを顎の骨に埋め込む手術が必要です。
  • 全身の疾患がある場合は治療できないことがあります。
  • インプラントを維持するためには十分な口腔衛生の管理と定期的な検診が必要です
  • ブリッジを支え、固定するために、たとえ健康な場合でも両隣の歯を削る必要があります。
  • 支えになる歯には大きな力がかかり、将来的にその歯を失う原因となる場合があります。
  • ポンティック(ブリッジの橋の部分)の下部の歯肉との間の部分に食べ物カスがつまり、口の中が不衛生になりやすくなります。
  • 空気がもれて発音が困難になることがあります。
  • バネによる隣の歯への負担が大きくなります。
  • 噛む力は健康な状態と比べて30~40%くらいになります。
  • 取り外して手入れをする必要があります。
  • すぐにガタつきやすくなります。
  • 口の中に違和感がでやすくなります。
  • 食べ物が挟まって口の中が不衛生になりやすくなります。
費用
  • インプラントは保険適用外であるので自由診療となります。
  • 手術の難易度、埋め込み本数により必要な費用が算定されます。
  • 保険適用材料を使用する場合はその保険点数内となります。
  • 使用材料による保険適用外のものは自由診療となり高額となる場合もあります。
  • 保険適用材料を使用する場合はその保険点数内です。
  • 使用材料による保険適用外のものは自由診療となり高額となる場合もあります。

インプラントには、8000種以上の種類があります

かねこ歯科インプラントクリニックでは、あなたに最適なインプラントシステムを選択できます。

現在、世界中で90社のインプラントのメーカーが多種多様な8,000種類以上のインプラントを販売しています。インプラントは種類によって様々な特徴がありますので、良好な治療結果を得るにはあなたのお口の状態にベストな製品を選択しなければいけません。

しかしながら、たいていの歯科医院は、あるインプラントメーカーが発売している1つのインプラントシステムしか導入していません。一般的な医院で行われている平均的なインプラントの症例数は、月に1症例以下のため、多くのシステムを取り扱うことは経費的にも無駄が多く、必要性もないからだと思われます。しかし、これでは患者さまに最適なインプラントシステムを選ぶことができません。

かねこ歯科インプラントクリニックでは、インプラントメーカーのトップ3社が発売しているすべてのインプラントシステムに対応しています。優れた特徴を持つ3社のインプラントシステムをすべて採用することで、あなたのお口の状態に合った最適なインプラントを選択可能になります。

多くのインプラントシステムを取り扱い、使いこなすには、インプラントに対する歯科医師の情熱と治療経験、そして経費がかかります。かねこ歯科インプラントクリニックでは、クリニックの予算の最大額を割り当て、最新インプラント器材を多数導入しております。

多くのインプラントシステムを取り扱っていますので、下関市に転居され、新しい歯科医師を探されているあなたの歯にも対応すると思います。

歯を失って困っているあなたの来院をお待ちしています。


インプラントメーカーTOP3

それぞれのメーカーが複数のインプラントシステムを発売しており、トップ3社あわせた世界シェアは60%程度になります。

世界シェア
当クリニック取り扱いの
インプラントシステム
2008年 2011年
1位(24.7%) 2位(18%) ノーベルバイオケア社
(ブローネマルク、ノーベルスピーディ、ノーベルリプレイス、ノーベルアクティブ、ノーベルダイレクト)
2位(18.9%) 1位(19%) ストローマン社
(ボーンレベル、ティッシュレベル)
3位(14.1%) 4位(8%) バイオメット3i社
(サーテン、プリベイル、オッセオタイト)

※ノーベルバイオケア社とストローマン社の首位が逆転しました。
デンツプライ社がアストラ社を買収したため、2011年の3位は両社を合わせた順位になっています。

インプラントの世界シェア


インプラントと天然歯の骨との結合様式 ─歯根膜について─

天然歯の根の周りには歯根膜という薄い膜があるのですが、インプラントにはありません。歯根膜は噛む力を感じ、衝撃を吸収する役割をしています。歯根膜があれば噛む力の調整がうまくいきます。インプラントでは、軟らかいセメント材で歯根膜の機能を代用しています。

今すぐ予約してください。 24時間WEB予約が可能です。

PAGE TOP