入れ歯治療

入れ歯は、歯を失ってしまった場合に行う従来型の治療法です。
現在、インプラント治療が広く認知されてきましたので、入れ歯の治療を行う頻度は、開業当初よりも少なくなりました。しかし、入れ歯には「禁忌症がない」という利点があります。全身状態が悪くインプラント治療をうけられない方にも行えます。また、治療費が安価ですので、歯を失ったあらゆる人に受け入れやすく、歯磨きが得意でない患者さんでも、自身で取り外して清掃できるなどの長所もあります。

かねこ歯科インプラントクリニックは、歯が1本もない患者さんへの治療を得意としています。歯をすべて失った患者さんには、総入れ歯またはインプラントで治療しますが、どちらの治療法にも共通の知識が必要です。共通の知識とは、歯だけでなく歯と歯周組織、顎全体を治療しているという考え方です。治療の基準は歯にあるのではなく、顎顔面の指標を基準しています。正しい入れ歯で顎全体を治療すれば、全身のバランスにもよい影響を与えます。
「あなたのお口ではしっかり噛める入れ歯はできない」と歯科医師からいわれて悩んでいるあなたも、今よりもっと噛める入れ歯を作ることができますので、ぜひ一度ご相談ください。


※写真の矢印はクラスプと呼ばれる
金属製のバネ(保険の入れ歯)

入れ歯には、維持装置がついている入れ歯と、維持装置を持たない総入れ歯があります。 維持装置とは、入れ歯がはずれないように維持している装置です。
保険の入れ歯の維持装置は、クラスプとよばれ、金属製のバネになっています。

ここでは、快適で、取り扱いがしやすい自由診療の入れ歯の説明をします。
自由診療の入れ歯には、アタッチメントの総入れ歯と、バネが目立たず軟らかいフレキシブル義歯があります。


  • アタッチメント義歯(磁石式)
  • フレキシブル義歯

今すぐ予約してください。 24時間WEB予約が可能です。

PAGE TOP